2021年11月より肌断食、2021年12月より湯シャンを始めました。 今後は、肌断食や湯シャンについての内容が多くなりそうですが、これまで通り使ってみてよかったものや他愛のない話も登場すると思います。 統一感のないゆるい備忘録のようなサイトです。

できるだけ避けたい食品添加物

2021/11/30
 
この記事を書いている人 - WRITER -
『LDK』でランクインしたものを実際に使ってみた個人的感想を、思ったまま書いています。 一個人の感想ということで、参考になればと思います。 『LDK』とは関係なく、自分が実際に使ってみて良いと思った物(コスメ、サプリ、家電、身の回りのあらゆる物)についても書いています。

 

コロナ禍で自炊が増えている今日この頃…。

 

せっかく自炊をしていても、添加物まみれの材料で料理をしていたら、

もしかしたら、健康的ではないかもしれません。

 

グルタミン酸ナトリウム(別名:グルタミン酸ソーダ、MSG) *うまみ成分

 

知らないと、化学調味料であるという認識はないかもしれませんが、

「アミノ酸等」と記載されています。

 

スーパーで売られている食品の原材料を見ると、

殆どのものにこれが入っています。

 

 「グルタミン酸ナトリウム」の継続摂取により、発症リスクの上がるもの

 

アルツハイマー、パーキンソン病、うつ病、睡眠障害、多動性障害、ALS筋萎縮性側索硬化症…

 

「アミノ酸等」などと記載されていると、一見、アミノ酸でなんだか元気がでそう?

と、勘違いしそうなネーミングに隠されているのは、

神経障害等を引き起こすおそれがあると言われている、化学調味料です。

 

 

合成甘味料(アスパルテーム【別名:L-フェニルアラニン化合物】、アセスルファムK) *ダイエット目的の甘味料

 

これらが入っているものを口にすると、私は吐き気がします。

 

「アスパルテーム(別名:L-フェニルアラニン化合物)」の継続摂取により、発症リスクの上がるもの

発がん性、脳腫瘍、内臓異常、失明、視力低下、パーキンソン病、うつ病、精子減少…

 

「アセスルファムK」の継続摂取により、発症リスクの上がるもの

発がん性、肝疾患、肝臓・腎臓への悪影響、頭痛、吐き気、うつ病、記憶力低下、だるさ…

 

 

昔、添加物のことなど知らなった頃…

なんだかこれを食べるといつも吐き気がするなぁ、

という食べ物がいくつかありました。

 

それらの原材料を見てみると、

共通して「アスパルテーム(L-フェニルアラニン化合物)」や「アセスルファムK」が記載されておりました。

 

それ以来、これらが入っているものは自分では買いません。

 

タール色素 *着色目的

「タール色素」の継続摂取により、発症リスクの上がるもの

 

発がん性、注意欠陥障害、アレルギー、不妊症、胎児に悪影響…

 

食べ物だけでなく、化粧品などにも使われています。

黄色〇号、赤色〇号、緑色〇号、青色〇号と記載されています。

 

特に、黄色4号というものは、別名「タートラジン」と呼ばれ

喘息や蕁麻疹などのアレルギーを起こすこともあります。

 

合成着色料の原材料は「石油」だそうです。

 

こんなものを使ってまで、綺麗なピンクなどに色付けしなくても、

茶色いベーコン、茶色いソーセージでいいと思うのですが。

 

でも、綺麗な色のモノの方が売れるのでしょう。

 

 

安息香酸ナトリウム *保存料(細菌やカビの増殖を抑えるため)

 「安息香酸ナトリウム」の継続摂取により、発症リスクの上がるもの

 

発がん性、神経障害、細胞の突然変異、めまい、食欲不振…

 

安息香酸ナトリウムは、ビタミンCと一緒に摂取することにより、

ベンゼンという発がん性物質に変化する。

 

食べ合わせ・飲み合わせにも注意がいるようです。

 

亜硝酸塩(ナトリウム) *発色剤

 

毒性が非常に強く、継続摂取により、

がんの発生リスクが非常に高まると懸念されています。

 

 「亜硝酸塩(ナトリウム)」の継続摂取により、発症リスクの上がるもの

 

発がん性、うつ病、頭痛、記憶障害…

 

ベーコンやハム、ソーセージ等の加工肉には、殆どといっていいほど

使用されています。

絶対に摂取したくないと思っている添加物の一つです。

 

 

ソルビン酸、ソルビン酸K *保存料(細菌やカビの増殖を抑えるため)

 

特に、前述した「亜硝酸塩(ナトリウム)」と一緒にとると、

発がん性リスクが高まると懸念されています。

 

 「ソルビン酸、ソルビン酸K」の継続摂取により、発症リスクの上がるもの

発がん性、免疫障害、成長不順、腎臓肥大、膠原病

 

 

「ソルビン酸、ソルビン酸K」は、加工肉や練り物、ワインなどによく使われています。

例えば、ベーコン、ソーセージ、生ハム、チーズ、ちくわ、かまぼこ、ケーキなど…

そして前述したとおり、「亜硝酸塩(ナトリウム)」も、ベーコンやハム、ソーセージ等に使用されています。

 

 

最近は、カルボナーラを食べたいと思っても、

市販のベーコンを買うのを躊躇してしまいます。

 

必然と、無添加ベーコンを探すようになりました。

 

【産地直送】極上 無添加 ベーコンブロック 800g北海道赤井川コロポックル村 長期熟成 手作り 科学的な調味料・添加物は一切使用しておりません※送料無料【九州・沖縄を除く】 ベーコン 自家製 農家のベーコン ブロックベーコン 北海道 ギフト 送料無料

価格:5,040円
(2021/11/30 10:13時点)

 

 

さいごに

 

色々とこわい事を書いてしまいましたが、

上記の食品添加物すべてを避けることは不可能です。

 

ただ、せっかく自炊をするときくらいは、

体に良くないと散々言われている上記の食品添加物は、

なるべく避けたいと思っています。

この記事を書いている人 - WRITER -
『LDK』でランクインしたものを実際に使ってみた個人的感想を、思ったまま書いています。 一個人の感想ということで、参考になればと思います。 『LDK』とは関係なく、自分が実際に使ってみて良いと思った物(コスメ、サプリ、家電、身の回りのあらゆる物)についても書いています。