2021年11月より肌断食、2021年12月より湯シャンを始めました。 今後は、肌断食や湯シャンについての内容が多くなりそうですが、これまで通り使ってみてよかったものや他愛のない話も登場すると思います。 統一感のないゆるい備忘録のようなサイトです。

ベースカーブがきつめの人におすすめのビューラー。

2020/09/30
 
この記事を書いている人 - WRITER -
『LDK』でランクインしたものを実際に使ってみた個人的感想を、思ったまま書いています。 一個人の感想ということで、参考になればと思います。 『LDK』とは関係なく、自分が実際に使ってみて良いと思った物(コスメ、サプリ、家電、身の回りのあらゆる物)についても書いています。

 

”ベースカーブがきつめの方”におすすめのビューラーを見つけました。

(お急ぎの方は、目次の一番最後をご覧ください。)

 

ベースカーブとは、簡単に言うと眼のカーブの値です。

コンタクトレンズを作ったことがある方は、眼科で検査をした際に、

ベースカーブがはかられていると思います。

処方箋を見ると記載されています。

 

昔むかしの話

 

資生堂のものやシュウウエムラのものなど、一般的に有名なビューラーは、

20歳前後の頃にいくつか試しましたが、

大体どれも、目尻や目頭のまつ毛を同時に挟めませんでした。

 

また、まぶたを挟んで「痛っ」となる事も多々あり。

そして肝心のカールもあまりつきません。

プチプラの物も試してみましたが、

全くまつ毛が上がらずもっとダメでした。

 

そんなわけで、かれこれ20年近くビューラーをやめていました。

(マスカラはします。)

 

ずっと、まつげが白目の陰になる、

いわゆる “すだれまつげ” 状態でした。

 

約20年ぶりに、ビューラーが気になり出した今日この頃

 

別にすだれまつげ状態でもよかったのですが、

年齢も重ね、重力には勝てず、

なんとなくまぶたが重くなってきたので

本当に久しぶりにビューラーについてネットで検索してみました。

 

やはり、資生堂やシュウウエムラなどの王道は昔から変わらずランクインしているのですね。

 

そして今回、久しぶりにビューラーについて調べてみて、今さらながら知った事がありました。

 

人それぞれ眼のカーブというものがあり、それによって合うビューラーが違うということです。

そうだったのか!と。

 

そこで、直近でコンタクトレンズを作った時の情報を見てみると・・

(眼科で出してもらった処方箋を、たまたま写真とっていたものがあったのです。)

私のカーブは785。

 

どうやら、日本人平均からは外れているようです。

 

どおりで、一般的におすすめされる資生堂などのビューラーが合わなかったわけか・・・

と納得しました。

 

やっと見つけた、合うビューラー

 

そこで調べた結果、私のベースカーブなどに合っていそうなものが

SUQQU(スック)のものでした。

 

購入してみたところ、すばらしいですね。

目尻も目頭も、同時に一度に挟めてノンストレス。

ガッとつかんで、ガッあげられます。

少し位置をずらして2回くらいあげればきれなカールがつきました。

少し大きめですが、特に支障は感じませんでした。

 

少し特殊な形なので、最初は戸惑いましたが、コツをつかめば簡単。

すぐ慣れました。

 

もっと早く手に入れたかったです。

(見た目もスタイリッシュでかっこ可愛い感じです。)

 

というより、ベースカーブによって合うビューラーと合わないビューラーがあるということを

もっと早く知ればよかった。

 

同じようにベースカーブがきつめで、

一般的に人気な資生堂のものなどがなぜか合わない‥という方、

 

もしかしたらスックなら合うかもしれません。

スック SUQQU アイラッシュカーラー [664629]

価格:2,200円
(2020/9/30 11:39時点)

この記事を書いている人 - WRITER -
『LDK』でランクインしたものを実際に使ってみた個人的感想を、思ったまま書いています。 一個人の感想ということで、参考になればと思います。 『LDK』とは関係なく、自分が実際に使ってみて良いと思った物(コスメ、サプリ、家電、身の回りのあらゆる物)についても書いています。